こんなクレンジングはお肌を痛めます。

実は、間違ったクレンジングでお肌を傷めているケースってとても多いのです。

最近、多くの方が言われるのが「敏感肌」だと自認されているのですが実は

この「敏感肌」には、体質的なものと主にクレンジングや洗顔などを誤ってなっている

ケースと二つに分かれます。

 

あなたの場合はどうでしょうか?間違ったクレンジングで「敏感肌」になっていないでしょうか?

ここでは、具体的に間違ったクレンジングの例を紹介していきます。

 

間違ったクレンジング

 

こんなクレンジングの仕方は敏感肌になってしまいます

 

ここでは、市販されているクレンジングコスメを使ってメイク落としで

これまで管理人自身が感じた肌の変化を紹介します。

 

ここで書いているのは、肌を傷めてしまったケースです。

 

クレンジング料

 

 

ふきとりシートタイプの場合

 

これはとてもメイクを良く落としてくれるのですが、その分は

肌の調子は悪くなりました。

それからシートは肌を擦るのでよくない事も判明して止めました。

 

専用リムーバー

 

これも洗浄力が強い一方で肌が敏感肌になってしまいました。

刺激が強いので使う際は注意です。 

 

 

クレンジングの際に刺激が強い擦ってしまうのは注意です。

 

上記の通り洗浄力が強いタイプとこすらなくてはいけないタイプの

クレンジング方法は、敏感肌・シワ・シミなどの原因になるのでとても注意です。

 

同様に、クレンジングしながらのマッサージも避けた方が良いいでしょう。

クレンジング自体、時間をかけてしまうと、肌への負担が大きいからです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ