クレンジング料を選ぶコツとは?

最近は、クレンジング剤・メイク落としは、本当に多くの種類が発売されています。

新商品も多くて「これを選れば良いかわからない!」と悩んでいる方も多いと思います。

 

ここでは、メイク落としを選ぶ際に、役に立つクレンジング剤のタイプについての

基礎知識を紹介していきます。

 

あなたが、クレンジング料を選ぶ際のヒントとして使える知識ですので

どうぞ最後までお読み下さい。

 

 

メイク落とし

 

クレンジング料の種類と特徴について

 

実は、クレンジング料は種類によって洗浄力とお肌への負担が変わってきます。

原則、洗浄力が強い=肌への負担は大きいです・

 

種類は、(シートタイプ・オイルタイプ・ジェルタイプ・クリームタイプ・ミルクタイプ)に

に分けられます。

 

これらは、油分・水・界面活性剤の分量の配分によって変わってきます。

 

肌への刺激は、クレンジング料の種類で変わってくる

 

上記で書いた通り、メイク落としは種類によって肌への刺激・負担は変わってきます。

ですので「早くメイクを落としてくれるから良いクレンジング剤」とは限らないのです。

なぜなら、早く落ちるという事は、それだけ界面活性剤の分量が多いからです。

 

  • シートタイプ
  • オイルタイプ
  • ジェルタイプ
  • クリームタイプ
  • ミルクタイプ

 

矢印

 

ちなみに、洗浄料と肌への刺激が大きいのは、上記の通りです。

では、刺激が弱いからより肌に優しいタイプを選べば良いかという

それは間違いです。

 

なぜなら、濃いメイクが落ちないので結果、肌を擦る事になるからです。

ですのでメイクの濃さとのバランスを見て使い分けるのが肌を傷めないで

しっかりとメイ汚れを落とすコツです。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ