肌荒れの原因で一番多いのがクレンジング

ある美容皮膚科の人の話ですが、クレンジングによって肌を痛めている女性は本当に多い様です。

統計的にも、それを裏付ける結果がある様です。

それに反して、あまりクレンジングと肌荒れの関係を気づいている事って少ない様に思います。

 

クレンジングと肌荒れ

 

クレンジング料で肌荒れしない為の方法

 

洗剤を使って洗い物を長時間すると手が荒れてくるのと同じ原理で

クレンジング 料で長時間使ってしまうと肌荒れの原因になる事があります。

 

理想を言えば、メイクをしないのが一番です。

そうすれば肌に負担も掛けないしクレンジングをする必要もありません。

でも、それは現実的に不可能です。

 

では、どうしたら良いのでしょうか?

 

方法としては、二つあると思います。

 

クレンジング料と肌の接する時間はなるべく短く

 

一つ目は、 クレンジングと肌が接する時間を短くする事です。

端的に言ってしまえば、完全にメイクが落ち切らなくてもクレンジングを止めて

洗顔で落としてしまうイメージです。

 

なるべく、クレンジング料を使ってのメイク落としは半分以上くらいメイクが

落ちていればOKくらいの感覚で大丈夫だと思います。

 

クレンジング料はケチらない事が大切

 

二つ目は、クレンジングにお金をかける事です。

これはクレンジングに限った事ではありませんが、コスメ全般的に

原料など含めて安いものは、それだけ化学的に生成された肌を痛めるものが

入っている傾向にあります。

 

これは、原価を考えたら当然の事です。もちろん高級なものを使う必要はありませんが

肌荒れをおこしたり、その手入れにお金をかけるくらいなら一定の品質のクレンジングを

購入した方が賢いという考えもできます。

 

ですので、あまり安いクレンジングを使っている場合は、将来のお肌への投資だと

思って一度、クレンジング料の質を上げてみましょう。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ